滅失登記について

建物が建築される際には登記を行い、建物のサイズ等を届け出します。
滅失登記とは、その建物が取り壊された際に、その届けを提出するものです。

滅失登記はご自身で登記申請を行うか、土地家屋調査士に依頼して行うことができます。
費用は概ね4万円~5万程度が相場だと言われております。滅失登記はご自身で行うことが可能です。

登記申請に必要な書類は以下の通りです。

解体工事 届出書類

(1)登記申請書
(2)取毀し証明書(当社から発行)
(3)解体業者の印鑑証明書(当社から提出)
(4)解体業者の資格証明書か会社謄本(当社から提出)
(5)住宅地図(現場の地図の添付を要求されることがあるので要確認)
(6)登記申請書のコピー 1部

登記申請書をお作りいただき、住宅地図をご用意いただければ
あとは当社から必要な書類をお渡ししますので申請を行っていただけます。
申請をご依頼いただく際は上記書類に加えまして以下の2点が必要になります。

解体工事 届出書類

(7)委任状
(8)依頼人の印鑑証明

 申請期限

建物を解体して1ヵ月以内に申請を行わなければなりません。
申請を行わなかった場合は科料の処される場合もありますので
必ず申請を行ってください。

 申請場所

申請は各市町村にある法務局で行うことができます。

当社でも滅失登記の代行を行っておりますので、申請に行けるお時間がなかったり
手続きが不安な場合にはお気軽にご相談ください。
 

 
       関連記事  このページを読んだ人は、次のページも読んでいます。     

  1.  解体工事が終わった後にする申請作業
  2.  滅失登記の期間
  3.  滅失登記をしてないと困ること
  4.  滅失登記はかならず必要?
  5.  滅失登記ができる法務局は?
  6.  未登記なら滅失登記は必要なし

area_info

カテゴリー

解体工事の想い出をプレゼント

担当者とすぐ話せる!LINE@導入致しました。

最新工事実績

  1. 20180817_084942
  2. 大宮区大原解体着工前
  3. 180609_0001-(1)

対応エリア

対応エリア

埼玉県全域

さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、伊奈町、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村、熊谷市、深谷市、寄居町、本庄市、美里町、神川町、上里町、行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町、秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町

東京都23区

港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

その他地域ご相談ください。

A-LINE解体事業部

東浦和解体A-LINE駐車場 〒336-0926
埼玉県さいたま市緑区東浦和 5-1-1
サンパティックビル3F
駐車場のご案内はこちら

TEL:048-799-3941
FAX:048-799-3119

埼玉県知事(登-27)第1654号
東京都知事(登-29)第3206号
PAGE TOP